身内でも絶対保証人にはならない事です

お金を借りた理由は、身内の保証人になってしまい、その人が支払いができない状態になってしまい、結局保証人の私が支払いをしなければならなくなってしまいました。

私の家庭の生活もそんなに裕福ではなかったし、家も建てたばかりでしたので、その上、他人の借金まで支払いしなくてはならなくなり、キャッシングすることにしました。

さすがに初めてのキャッシングで凄く抵抗もあり、金利も高いし、本当に大丈夫なのか、借りたとしてもちゃんと返していけるのだろうか、凄く悩みました。審査に関しては、私も仕事していましたし、問題なくすぐ借りられました。

後悔はしています。実際金利高く、支払いしても、少しずつの元手金にしかならず、なかなか支払いが終わらず、借りた時は助かった!と思っても結局、大変な思いは変わらないのです。

何故、身内とは言え保証人になってしまったのか、本当に後悔だけが頭をよぎります。家族のみんなに迷惑をかけ、本当に自分が情けない思いです。良くTVで、保証人になってしまって苦労してる人が居るのを見た時がありますが。身内だしとか思わないで、絶対に保障人にはならない事だと思います。

その人とは、いまだに連絡取れないしもう関わるつもりもありませんが、我が子供も成人したので、保証人にだけはなるな!と言い聞かせてあります。

身内でも絶対保証人にはならない事です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です